ホーム > 年間予定表  

                       
  開催日
会場
テーマ・主なプログラム 詳細
全国大会  6月 8日(土)・9日(日)
東京都千代田区
日本歯科大学 富士見ホール
テーマ
新在宅元年』
   「在宅訪問栄養食事指導へのチャレンジ」
             *詳細・お申込みはご案内をご覧ください。
ご案内
 9月1日(日)
札幌市北区
エルプラザ
講演と実習: 作るのが簡単な介護食・嚥下食
「おうちで作るらくらくレシピ」講師 中村育子氏
「施設でつくるらくらくレシピ」講師 齋藤郁子氏
ご案内
北海道  
9月14日(土)
神奈川県横浜市
ウイリング横浜
講演「歯科医師と管理栄養士の連携による栄養改善」
「在宅における嚥下内視鏡検査での歯科医師と管理栄養の連携」
講師:福岡クリニック在宅部栄養課中村育子氏
「嚥下内視鏡検査による嚥下機能評価と栄養改善」
講師:東京医科歯科大学大学院 准教授 戸原玄先生
ご案内
東北・
関東・甲信越 
11月23日(土)
埼玉県坂戸市
女子栄養大学
香友会館
*詳細はこちら
事例報告会「自由が丘地域の取り組み」
        木下皮フ科医院 地域栄養サポート自由が丘
                       米山久美子氏、村上奈央子氏
「在宅療養患者への企業の関わり」
                 潟Nリニコ首都圏在宅チーム生田直子氏
事例紹介「鶴巻地域の取り組み」
          講師:鶴巻温泉病院栄養サポート室室長ア美幸氏

ご案内
2月16日(日)
東京都東村山市
介護老人福祉施設グリーンボイス
 【教育講演】『在宅NSTでの管理栄養士の役割』
         緑風荘病院 栄養室・健康推進部主任 西村一弘氏
 【特別講演】『在宅におけるチーム医療―認知症患者について考える―』
         緑風荘病院 院長 酒井雅司先生
【パネルディスカッション】
         〜在宅チームと管理栄養士の連携〜 (症例から学ぶ)

ご案内
申込み
9月7日(土)
椙山女学園大学
愛知県名古屋市
講演:在宅訪問栄養食事指導における栄養ケア計画の作成方法
講師:特定分野認制度運営委員長 井上啓子氏
講演:医師の視点から見る在宅高齢者栄養問題と士へ期待
講師: 大幸砂田橋クリニック院長 前田憲志先生
症例発表:上腸間膜動脈閉塞症術後における栄養管理
総合在宅 管理栄養士 安田和代 氏
症例発表:摂食嚥下障害患者の欲支援事例と低栄養改善報告
国立長寿医療 研究センター 管理栄養士 奥村圭子 氏
ご案内
 東海・北陸 3月8日(土)
ウィルあいち
愛知県名古屋市
講演
「摂食 ・嚥下障害の栄養リスクマネジメント〜 学会統一基準最新版〜」
講師 鈴鹿医療科大学 准教授 中東真紀先生
症例発表 2題

申込み
関西・ 9月29日(日)
京都市下京区
キャンパスプラザ京都
講演T 「介護保険の現状と問題点」
さきしま地域包括センター管理者山内伸治先生
講演U 「在宅訪問栄養指導の目指す道」
武庫川女子大学教授 当会会長 前田佳予子氏
講演Ⅲ 「簡単体操で身体のお手入れ―あなたにできる運動支援―」

オフィスヒューマンモア 運動コーディネーター 松井 浩先生
症例検討他

ご案内
中国・四国 2月9日(日)
岡山県岡山市
岡山国際交流センター
講演T「医食同源?」
講師 藤井クリニック 院長 藤井基弘先生
講演U「介護を学ぶ リハビリ専門職の立場から」
講師 吉備国際大学福祉保健学部 作業療法士科 教授 小林隆司先生
講演V「在宅栄養管理における経腸栄養剤の選択」
岡山療護センター外科医長 梶谷伸顕先生
講演W「傾聴でコミュニケーション力アップ」
講師 渇ェ山シティエフエム アナウンサー 上別府千晶先生
 
申込み
 九州・沖縄 9月29日(日)
福岡県福岡市
中村学園大学
講演 「食形態の基礎知識と在宅での実践」   山口内科 水島美保氏
在宅で使える栄養補助食品の特徴と活用法 賛助会員各メーカー
シンポジウム「在宅における多職種連携」
講演「在宅訪問薬剤師から見える在宅訪問管理栄養士に望むこと」
講師:サカイ薬局 薬剤師 坂井美千子先生
講演「多職種との連携について」
講師:福岡クリニック在宅部栄養課 中村育子氏
講演「ケアマネジャーから在宅訪問管理栄養士に望むこと」
講師:あんのうらクリニック ケアマネージャー 宮津敬子先生
ご案内
3月1日(土)
福岡県福岡市
中村学園大学
「在宅訪問管理栄養士」から今後の管理栄養士の歩むべき方向性
全国在宅訪問栄養食事指導研究会 会長 前田佳予子氏
症例検討(1〜2 事例) 座長 前田佳予子氏
症例報告 福岡クリニック 在宅部栄養課 中村育子氏

申込み
   
過去の履歴 H18年度  H19年度 H20年度 H21年度 H22年度 H23年度 H24年度

Adobe Readerのダウンロード PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。

 
(C)2006 HOUEIKEN. All rights reserved.