訪問栄養Q&A
ホーム > 訪問栄養Q&A  
食事はおいしく、楽しく、食べやすく
介護する人が幸せなら、介護される人はもっと幸せ

今までの生活スタイルの中で、思わず笑顔がこぼれる。
そんな訪問栄養食事指導を目指します。
困っていること、心配なこと、なんでも相談してください。

「訪問栄養指導」のご案内
  「訪問栄養指導」とは
      通院などが困難な方のご自宅に管理栄養士が訪問し、食生活や栄養に関する様々な相談にのります。「食事」や「食べる」ことを通して、健やかな在宅生活を応援します。
  対象者
  下記のような在宅療養者が対象です。
 
    腎臓病、糖尿病、肝臓病、胃潰瘍、貧血、膵臓病、高脂血症、痛風、心臓病、高血圧、消化管の手術後、クローン病、潰瘍性大腸炎、高度肥満・・・などの食事管理が必要    
    低栄養状態(やせ、アルブミンが低いなど)の改善が必要    
 
  訪問栄養指導の内容
  * 食事摂取量と栄養状態のチェック
* 調理指導、買い物指導
* ヘルパー指導
* 状態に合わせた食事内容、形態などの指導
* 栄養補助食品、介護用食品、介護食器等の紹介
* 食生活プラン(プログラム)の作成
* その他、療養生活に関わる様々な相談
  ご利用の流れ
 
  @   まずは、かかりつけ医やケアマネージャーにご相談下さい。    
  A   訪問栄養士は、体の状況などを伺い、かかりつけ医の指示内容も踏まえて、どのような指導をするか相談します。    
  B   訪問栄養指導の計画が立ったら、定期的な訪問栄養指導が始まります。    
訪問栄養 Q&A
  訪問栄養指導はどこに頼めばいいですか?
 
  (A)   訪問栄養指導を実施しているのは、主に病院や診療所の管理栄養士です。医師会や市区町村の事業として実施している地域もあります。また、最近では福祉施設、民間企業、個人活動の管理栄養士による訪問栄養指導も増えてきました。まずは、かかりつけの医師やケアマネージャーに相談してみてください。    
    訪問栄養指導を実施している訪栄研会員はこちら→実施機関の検索    
  どんな時に利用したらいいですか?
 
  (A)   <主な訪問栄養指導のケース>    
    退院後、どのように食事管理をすれば良いかわからない    
    食事管理が上手くいかず、病状や身体の機能が悪化している    
    ヘルパーさんに治療食や介護食作りをお願いしたい    
    栄養が足りているか、偏っていないか心配    
    食べる量が減り、身体が弱ってきた    
  また、次のような症状は、栄養や食事の工夫によって改善する場合が多くみられます。    
    床ずれができてしまった    
    食べたり飲んだりすると、すぐむせる    
    食べたがらない、飲みたがらない    
    脱水症状や肺炎で入退院を繰り返している    
    むくみがひどい    
    排便がうまくいかない(下痢、便秘)   など    
  どのくらいのペースで訪問してもらえますか?
 
  (A)   原則として、1ヶ月に2回の訪問で、安心して食生活を送れるようになるまでお手伝いします。3ヶ月ぐらいの短期のご利用から、数年間という長期のご利用の方まで様々です。    
  1回の訪問にかかる時間はどのくらいですか?
 
  (A)   訪問栄養指導の内容にもよりますが、概ね30分〜1時間が目安になります。    
  費用はどのようになりますか?
 
  (A)   介護保険を利用する場合、訪問1回につき530円の利用料となります。医療保険、自治体の地域支援事業、福祉施設や民間企業など、どの訪問栄養指導を利用するかによって利用料は異なります。利用料の他に、交通費、指導の内容によっては食材などの実費もかかる場合があります。    
  家でも病院のような栄養指導をするのですか?
 
  (A)   訪問栄養指導は、日々を過ごす場所で、慣れ親しんだ食材や食器を使い、目の前で「献立」「調理」「食べ方」のアドバイスが受けられます。実際に体験すれば、今日の食卓から活かすことができます。また、生活を見ながら実施いたしますので、無理のない現実的な食介護プランが提案できます。    
 
(C)2006 HOUEIKEN. All rights reserved.